新着情報

新着情報

2014.03.21 / カテゴリ:お知らせ

【毎月22日は夫婦の日】日本最古の神社「伊弉諾神宮」で国生み夜神楽の舞。

【毎月22日は夫婦の日】日本最古の神社「伊弉諾神宮」で国生み夜神楽の舞。

淡路島には、日本で最初の夫婦「イザナギノオホカミ・イザナミノオホカミ」の2神を祀る日本最古の神社「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」があります。古事記や日本書紀にもその歴史が残されており、“夫婦のふるさと”とも呼ばれています。

その伊弉諾神宮では、毎月22日を“夫婦の日”と定め、国生み神話を元に創生された夜神楽の歌舞「国生み夜神楽」をご覧いただけるようになりました。夜神楽とは夜に行なわれる神楽のことで、高千穂地方が有名です。正式には夜を徹して披露されるものなのですが、伊弉諾神宮ではもっと身近に楽しんでいただけるようにと、19時から20時20分に行われています。この国生み夜神楽は、地元の小中学生たちが淡路島や本州・四国といった島の役を演じるなど、出演者や楽曲奏者の多くを地元住民の方が務めているのも特徴のひとつです。

また、当日は拝殿や正門、大鳥居、そして樹齢900年の夫婦大楠などのライトアップもあります。幻想的な雰囲気に包まれ、語り部の案内で拝殿での夜間特別参拝と国生み夜神楽をお楽しみください。

夜間特別参拝と創生国生み夜神楽 ・受付:伊弉諾神宮内「せきれいの里」※事前予約が必要です。
・日時:毎月22日 19:00~20:20
・内容:特別参拝祈願(約50分)
         +
    創生国生み夜神楽の舞(約30分)
・料金:2,800円(お一人様)
・場所:〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740(伊弉諾神宮)
・問合せ:0799-70-1010(せきれいの里)

詳しくはこちら

過去の記事