ホテルガイド

  • メインイメージ01
  • メインイメージ02
  • メインイメージ03

ひとたびエントランスホールに足を踏み入れると、そこは和と洋が混在するどこかノスタルジックな佇まい。
明治や大正の洋館を思わせる心地よい空間で、あなたさまならではの休日をお過ごしください。

施設のご案内

あわじ浜離宮でのご滞在を、思い思いにアレンジしてお過ごしいただけますように、
多彩で充実した館内設備をご用意しております。

ホテルの外観

フロアガイド

エントランスホール

エントランスホール

三階までの吹き抜けにアールの階段が緩やかに続き、見上げると格天井や障子が印象的な空間。
明治や大正の洋館を思わせるどこか懐かしい佇まいが、あなたさまのご滞在に彩を添えます。

ロビーラウンジ

  • ロビーラウンジ
  • ロビーラウンジ

デイタイムには、ハーブティーや季節のジュース、ナイトタイムではハウスワインをはじめ、各種ドリンクを無料でお愉しみ頂けます。
また、インターネット接続PCなど、滞在中の時間を快適にお過ごし頂けるサービスを備えた空間です。

営業時間 デイタイム 8:00~11:00
15:00~20:00
ナイトタイム 20:00~24:00

スーベニアショップ

  • スーベニアショップ

淡路島特産のたまねぎを使った商品や海産物、地酒・地ビールなど、各種お土産を取り揃えております。

オープンデッキテラス

朝の散歩の休憩、お昼間のまどろみ、静かな夕暮れ時。
どのお時間にも寛ぎのひと時をお過ごしいただけます。
また、テラスから中庭を通って目の前の海までお出掛けいただけます。

  • オープンデッキテラス

浜辺から届く潮風と波音に包まれる寛ぎのひと時。風を感じながら読書をしたり、沈む夕陽をただ眺めてみたり。
ライブラリーラウンジのドリンクやお好きな本をお持ちいただけます。

ライブラリーラウンジ

  • ライブラリーラウンジ

コーヒーや各種お飲み物、様々な書籍をご用意しております。
また、インターネット接続PCでの情報収集など、思い思いにご利用ください。

バリアフリー情報

設備がある場合 (青色表示)。設備がない場合 (灰色表示)

駐車場 駐車場がある 車いす使用者が利用できる駐車区画がある 昇降設備 一般用のエレベーターがある 車いす使用者が利用できるエレベーターがない 点字表示又は音声案内付のエレベーターがない
敷地内通路
(建物前)
外部出入口前が平坦である 外部出入口前に段差や階段がある 外部出入口前にスロープがある 観客席 車いす使用者が利用できる観覧スペースがある 補聴設備(磁気ループ・赤外線システム等)付の観客席がない
主な外部
出入口
外部出入口が自動ドアである 外部出入口が開き戸でない 外部出入口が引き戸でない 宿泊設備 車いす使用者が利用できる客室がない 音声案内装置付の客室がない
トイレ 洋式トイレがある トイレ内にベビーチェアがない トイレ内に乳幼児のおむつ交換台がない 車いす使用者が利用できるトイレがない オストメイトが利用できるトイレがない トイレ内に大人も利用できる介護ベッドがない 乳幼児
コーナー
授乳室がない プレイコーナー・託児室がない
誘導案内 敷地内通路や建物内部に視覚障害者誘導用ブロックがない 音声誘導装置や音声案内装置がある 点字による触知案内板がない 受付案内所がある その他 貸出し用車いすがある 貸出し用ベビーカーがない 筆談ボード・補聴機器がない AED(自動体外式除細動器)がある

※レストランは全席イス・テーブル席となります。車椅子でご利用可能です。
※大浴場の入口、及び浴室内には段差がございます。

名勝慶野松原とは

イメージ01

名勝慶野松原

慶野松原は、日本の名勝や瀬戸内海国立公園に指定された風光明媚な景勝地。約2.5kmにおよぶ砂浜に、淡路黒松による磯馴れ松の群生が特徴とされる、白砂青松の松原が広がります。
海岸沿いの散策道(約1.5km)は、プロポーズ街道として整備され、淡路島の伝統工芸である淡路瓦を使ったオブジェが訪れる人を楽しませてくれます。
また、慶野松原は『日本の夕陽百選』や『快水浴場百選』の特選、『日本の渚百選』などに選ばれ、夏には海水浴を楽しむ方が多く訪れ、例年7月下旬には南あわじ市市民まつり 慶野松原花火大会が開催されています。

日本の夕陽百選

淡路島の西海岸、夕陽と松原の重なりが特に美しく、悠久の時を重ねた磯馴れ松が浜辺に沿って何千、何万本と広がる慶野松原。播磨灘に沈む夕陽は海面をひとすじに染め、輝く海のかなたを臨む様は心あらわれる絶景です。

飴色に輝く光に彩られ静かに寄り添う恋人たち。
波の煌きにはしゃぐ子供たち。
すべてをつつむ夕陽の光と悠久の時が流れる浜辺で、大切なひと時をお過ごし下さい。

御所の松

松原内にはかつて「御所の松」と呼ばれる1本の老松がありました。
「御所」とは大和朝廷の行在所のあったところといわれ、奈良時代には政権争いの犠牲となって淡路に配流された廃帝(淳仁天皇)が、この浜に上陸し、鳳輦を止められたところとも伝えられています。

また、『万葉集』には

飼飯の海の庭よくあらし刈り薦の乱れて出づ見ゆ海人の釣船

と詠まれ、飼飯(けい)の浦というのは万葉の時代から有名でした。

御所の松

千鳥の繁殖地

千鳥の繁殖地

淡路島のシンボルバードとして親しまれているチドリ。
松原に続く白砂の浜は、チドリの繁殖地です。
浜で遊ぶチドリの愛らしい姿をいつまでも見ることができるように、砂浜の保護に取り組んでいます。

瓦の生産

瓦の生産

南あわじ市を中心に、いぶし瓦と陶器瓦の生産が発展し、淡路島は全国有数の瓦の生産地となっています。
また町を歩くと様々な場所で瓦産地ならではの瓦のオブジェやモニュメントを見つけることができます。

慶野松原散策地図

慶野松原散策地図

森林浴を楽しむウォーキング、地図を頼りにおもしろ松散策、お寺や神社、銅鐸出土の地を歴史巡りサイクリング。
散策地図を持ってぜひともお出掛けください。

散策地図を見る(PDF)